海防の松

海防の松、別名、はりつけの松

朝のお散歩コースでご紹介している海防の松、別名はなんと怖そうな名前が付いています。

この松は江戸時代、海防のため沿岸に松を植えて海から陸中が見えないようにしたとか、の松ですがこの立て札によれば・・・

全文紹介

江戸時代中期、海防問題がにわかに高まり、寛政5年(1792年)幕府は沿岸諸藩に海防を命じるとともに老中松平定信は自ら伊豆の海岸を巡視した。

定信一行200名は三島から天城を越え3月14日に片瀬に宿泊した。この巡視の結果伊豆相模の海岸に海防のための松を植えるよう指示した。

これらは海上から陸の村々や防御の様子が見えないようにする為のもので、当時で40年生くらいのかなり大きな松を植えたようである。

今に残る木の年齢は250年前後を数えることができる。

片瀬、白田付近の海岸には明治初期に数百本の松があったと言われているが、片瀬区の手厚い保護にもかかわらず、今は数本残るだけである。

なお、この松は別名「はりつけの松」と言われ、叶わぬ恋のため、お寺に火を放った若い男女が磔にされたとの言い伝えがある。

なんと悲しい歴史を刻んだ松なんですねえ〜。

しかし、今では、恋の成就を願ってこの松をお参りし、松ぼっくりをお宝に持ち帰る若いカップルが多いとか。

熱川温泉堂からわずか20分、一度、覗いてみてください。恋の成就にご利益があるそうです。

fishing_024
fishing_025